みずほ銀行カードローンは専業主婦でも借りられる?

もちろん専業主婦でも借り入れをする事は出来ます。但し審査は旦那さんの収入や土地家屋の有無等が審査の基準になってきますので、旦那さんの年収が問題になってきます。

専業主婦の場合審査は多少厳しくなる可能性が確かにありますが、借り入れる事に関しては旦那さんの借り入れ状況も踏まえたうえでの審査が基準になってきますので、旦那さんの借り入れ状況が上限まで言っている場合に関しては、審査は通らなくなってしまう可能性が有ります。

また専業主婦の方が審査上問題なかったとしても旦那さんが審査ブラックの場合にも審査は通らなくなります。

ほとんどの貸金業者は専業主婦は借り入れできない

パートやアルバイトをしていない専業主婦は、どうしても利用できる借り入れが限られてきます。これは総量規制という、キャッシングの利用限度額は個人の年収の1/3まで、という法律があり、パートやアルバイトもしていない専業主婦だと、個人の年収が0円だからです。

銀行のローンならば総量規制の対象外なので、当人に収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば申し込める銀行もあります。ですがやはり専業主婦からの申し込みを受け付けていない銀行もまた多く有るので、事前に調べておく必要があります。

専業主婦は借入限度額が低く設定されていることが多い

専業主婦は返済能力が当人によるものではなく、配偶者の収入があてになるので、キャッシングを渋る業者は多く、利用できたとしても借入額の上限は低く設定されています。

アルバイトなどをしていて個人の収入が有る専業主婦であっても、総量規制とは別に上限額を設ける銀行や消費者金融もあるので、専業主婦の高額借り入れは難しいと言わざるを得ません。

専業主婦からの限度額の増額申請を受け付けている業者も少なく、申請を受け付けているとしても、審査の基準はかなり厳しいものになっています。

みずほ銀行カードローン以外にも専業主婦OKのカードローンはあるの?

みずほ銀行カードローン以外にも専業主婦でも借り入れOKなカードローンはあるのかというと、答えはあります。先ず、消費者金融および信販会社といった貸金業者の場合、『安定した収入がある=無職ではない』といったことが重要となります。

しかし、みずほ銀行を含め銀行カードローンの場合、『原則、安定した収入があること』と融資条件に明記されており、『原則』といった点が非常に重要です。

そもそも、専業主婦の場合は無職と見做されますが、銀行カードローンでは配偶者に安定した収入があれば融資可能と判断され、これが『原則』といった意味を含みます。

そのため、専業主婦でも銀行カードローンは貸金業法が適用されないため、融資を受けられる金融商材となります。ただし、融資金額はパートやアルバイトよりも低くなるため、高額な融資を望むことは難しくなります。

専業主婦が借りるのにみずほ銀行カードローンがお得なわけ

みずほ銀行ガードローンを利用するという利点はいくつかあります。まず専業主婦の方でも借りられるという事。10万円の枠なら意外と借りやすいです。審査はきっちりしていますのでその点も安心です。

あとはみずほ銀行の通帳や普通預金カード、口座を持っていれば新たにカードローン専用口座を作らなくても普通預金からの口座で自動で引き落としをしてくれます。

その点も専業主婦なら忙しいからわざわざ返済しに行かなくてはいけないという面倒な点もないのもうれしい事です。引き落とし日を決めてあらかじめ口座に入金しておけばいいのです。