みずほ銀行カードローンは年収によって借入れ可能な金額が変わってくる

みずほ銀行カードローンですが、年収によって借入れ可能な金額が変わるだけでなく、契約出来るプランも変わります。

そもそも、みずほ銀行カードローンは『エグゼクティブプラン』と『コンフォートプラン』に分類され、基本は年収に基づき返済能力が査定され、プランが選択されます。

その結果、年収の高い方については金利が低く、融資限度額の高い『エグゼクティブプラン』が契約でき、カードローンの利用で利息が減るといった恩恵が受けられます。

実際、年収が高いということは返済能力が高い上、信用情報が高いといった判断が可能であり、保証業務を請け負う保証会社も債務超過といったリスクが低くなります。

そのため、年収により借り入れ金額がどんどん変化するだけでなく、みずほ銀行カードローンの場合は金利が半分になるといったメリットが生じます。

みずほ銀行カードローンでは年収の1/3までしか借りれないの?

みずほ銀行カードローンにだって、本音と建前があり、表向きでは総量規制対象外すなわち年収の1/3を超える融資が可能と謳っていても、実際にはそれ以下の金額になることは確実にあります。

そもそも、みずほ銀行カードローンは無担保・保証人無しの金融商材であり、保証会社の審査も必要です。そのため、重要なことは契約者とみずほ銀行・保証会社間における信用が非常に重要なものとなります。

ただし、担保や保証人がいないことは融資金額に制約を与える必要性があり、貸金業法に定められる総量規制を参考に融資金額を設定することもあります。実際、みずほ銀行が総量規制を水平展開してはならないといった法律はなく、独自審査基準が認められています。

さらに、保証会社自体も自社で定める審査基準を適用することができ、前例や基準となる総量規制を参考にすることが可能です。結果的に、みずほ銀行カードローンでも審査申込情報や与信情報により年収の1/3までの融資金額となり得ます。

今すぐに100万円借りたい場合、みずほ銀行カードローンに申し込みしたらどうなる?

基本として、今すぐ100万円といった金額を無担保・保証人無しのみずほ銀行カードローンで審査申し込みを行っても、安定かつ高収入であることが非常に重要です。

今では、消費者金融ですが貸金業法に定められる総量規制により年収の1/3までの融資しかできなくなっています。

いくら総量規制対象外のみずほ銀行カードローンであっても、総量規制を適用してはダメといった法的な規制が無く、独自の基準として運用することが可能です。

例え、年収でおよび返済能力において100万円まで融資可能と判断されたとしても、実質的には保険を賭けた融資額となり、即刻100万円に融資を受けられる可能性は600~700万円i以上の収入があり、与信情報にも一切問題が無いことが大切です。

基本的に、『今すぐ100万円を借りたい』といったことは非常にハードルの高い行為となります。

総量規制の対象外なのは銀行カードローンだけ?

貸金業法により総量規制が定められ、消費者金融からの融資限度額は年収の1/3までとなり、総量規制対象外のローン商材は銀行カードローンのみと考えがちです。

しかし、銀行カードローンだけが総量規制対象外ではなく、『貸金業法に基づくおまとめローン』といったローン商材が消費者金融からも提供されているのが実態です。

そして、消費者金融の中でもアイフルの『かりかえMAX』や『おまとめMAX』であれば、銀行ローン・消費者金融カードローン・クレジットカードのキャッシング枠およびショッピング枠のリボ払い分まで纏めることも可能です。

結果として、金利といった条件を除外した場合、銀行カードローンだけが総量規制対象外となり得なくなります。

みずほ銀行カードローンで借りる場合、年収は多ければ多いほどいいの?

みずほ銀行カードローンで借りる場合、やはり年収が多ければ多いほど審査に与える影響は高くなります。

そもそも、みずほ銀行カードローンは『エグゼクティブプラン』と『コンフォートプラン』に分類され、低金利かつ融資金額の高い『エグゼクティブプラン』を契約する側としては魅力を感じます。

ただし、最低融資金額が最低200万円以上となり、その融資金額に対する返済能力が重要となります。そもそも、日本人の平均年収が420万前後かつ、独身者の場合は切り詰めることで120万円前後で生活は成り立ち得ます。

しかし、家族がいれば家計に占める支出は増える傾向にあり、カードローンの利用頻度の増加が増えるため、それに比例して返済能力も重要となります。

基本的に総量規制が適用されないみずほ銀行のカードローンであっても、年収の1/3までの融資をすることは合法であるため、年収420万円の契約者に対し100万円の融資限度額でも問題はありません。

そのため、カードローンを借り入れする場合は、年収が高いほど返済能力が高いと判断され、万が一返済に躓いたとしても、財産処分や給与差押といったことが可能になり、融資額が高くなります。