みずほ銀行カードローンはおまとめにも利用できる?

みずほ銀行カードローンは複数の融資をまとめるおまとめ目的でも利用可能です。カードローンは基本的に個人利用の範囲であれば利用目的に制限はありません。これはみずほ銀行カードローンも同様であり、個人利用の範囲であればおまとめ目的で利用しても問題ありません。

金利も非常に低く限度額も高いのでおまとめローンでの利用に非常に向いているカードローンとなっています。ちなみにおまとめ目的で利用できないカードローンというのは、住宅ローンなど特定の目的での利用が前提になっているものです。

昔の借金一本化を請け負っていた業者はヤミ金が多かった

昔の借金一本化というと、高利貸しやヤミ金といった貸金業者が多く、現在では金利が低い銀行系および消費者金融系のおまとめローンとは異なるものでした。そもそも、平成22年6月18日以降から貸金業法に総量規制が適用され、ローンの借り過ぎ防止が図られました。

しかし、それ以前のローン契約に至ってはグレーゾーン金利が存在し、個人信用情報機関には与信情報が登録され、低金利で新規借り入れが出来ない状態となっていました。

その結果、ローン返済が苦しくなり、返済先を1社へまとめたい方はヤミ金へ手を出す結果となり、非常に苦労することとなりました。

実際、おまとめローンの目的は消費者がより効率的に借金返済を行うことを支援するために展開されているものであり、債務整理問題やヤミ金問題が拡大したことで多くの金融機関および消費者金融が提供を行っています。

おまとめローンのメリットとは

おまとめローンを利用する最大のメリットは、返済先の一本化と将来発生する利息の削減となります。ただし、これ以外にも返済先を一本化することで生じる返済日の統一および返済忘れ(すなわち口座残高不足)を解消することが可能となります。

また、おまとめローンで借り入れ先を一本化することは自動車ローンや教育ローンの審査において有効に作用することもあり得ます。

そもそも、ローン審査において4~5社以上からの借り入れがある場合、金額よりも件数が優先して審査に影響するため、借り入れ先を1社にすることで新たな融資が受けられる可能性が高まります。

さらに、複数社のローン返済を行うことは個人信用情報に対してもプラスに作用するため、おまとめローンは毎月の返済に余裕があるうちに検討することで、効果を発揮します。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンは、借金の返済先が一本化でき、金利も低下するため総返済額が下がるというメリットが大きく掲げられています。しかし、メリット以上にデメリットの方が大きく、『総返済額が下がる=毎月の返済が減る』といったイメージを与えているのが実情です。

確かに100万円の借り入れを一本化することで、平均4%の金利ダウンが見込めたとしても、年間では4万円程度の利息差になり、1ヶ月あたり約3300円程度の利息差です。

おまとめローンのデメリットとは、短期的な返済において大幅な返済金額を削減出来る可能性が低いことに対し、あたかも支払いが楽になるといったイメージが追従していることです。

特に毎月の返済に苦しんでいる方については、おまとめローンは焼け石に水であり、債務整理を検討することが最優先となります。

みずほ銀行カードローンでおまとめするメリット

みずほ銀行カードローンで複数のローンをおまとめするメリットは、やはり金利差による将来利息の減額です。例えば、100万円の借り入れをみずほ銀行カードローンで借り替えた場合、金利差は約4%程になり、年間での利息差は約4万円になります。

100万円の借り入れを返済する場合、月額2万円の返済となり1年間の残債はどんぶり勘定でも、残り80万円となります。

翌年の返済は832,000円から24万円が減り、残りは592,000円とどんどん減っていき、4%の金利差は少ないと思われがちです2ヶ月分の返済金額を圧縮できるため、おまとめローンによる効果は将来的に大きな差を生むこととなります。

今すなわち現状に苦しまれている方にはメリットが薄い様に感じられますが、返済を継続するうちに必ず毎月の返済に余裕が生じ、早期返済に繋がります。