みずほ銀行カードローンの返済金額はどう決まる?

みずほ銀行カードローンの返済金額ですが、審査結果や契約内容により決まるものではなく、前月の利用残高に応じて返済金額が決定されています。

この返済金額については、公式ホームページにおいて明記されており、200万円未満の利用限度額であれば、1万円以上50万円未満なら毎月1万円、50万円以上100万円未満なら毎月2万円、100万円以上なら50万円毎に1万円の上乗せとなります。

一方、200万円以上の利用限度額であれば、100万円以上の利用では100万円毎に1万円の返済金額が上乗せとなります。非常に明確で解り易い返済金額となっており、返済金額が規定されているため、返済計画も立て易いものとなっています。

みずほ銀行カードローンの返済方法には何がある?

みずほ銀行カードローンの返済方法は、基本的に毎月10日に普通預金口座からの自動引落となります。これ以外の方法に、提携ATMからの返済やみずほダイレクトによる返済がありますが、毎月の返済に該当しない任意返済となります。

一番重要なのは、普通預金口座からの自動引落であり、この返済が遅れた場合は遅延損害金の請求、支払督促のハガキ送付および電話対応が行われることとなります。

任意返済については、あくまで余裕のある月に返済するのがおすすめであり、同月中の複数回の返済を行った場合は余計な利息を支払うこととなります。

そもそも、利息は前月の利用残高に応じて計算されているため、当月中に返済する場合、前月度の利用に応じた利息を支払うこととなります。

みずほ銀行カードローンの返済日は決まっているの?変更はできる?

みずほ銀行のカードローンでは、約定返済日が毎月10日となっており、その日が休日である場合は翌営業日に繰り越されますが、原則変更されることはありません。

ただし例外もあり、メンバーズローンやマイバンクサービスを利用していて約定返済日が毎月1日や17日である場合、10日に変更することができるのです。この場合は新たに申し込みをする必要がありますから、面倒といえば面倒な作業となります。

みずほ銀行のカードローンを利用する時は事前に返済日を把握してから申し込むようにしましょう。

みずほ銀行カードローンの返済が遅れそうなときは

みずほ銀行カードローンの返済が遅れそうな場合は、そのままにせずローン専用ダイヤルへ電話を行い対応することが最優先となります。電話対応を速やかに行うことで、督促状の送付および電話連絡といった事態を回避することが可能になります。

また、みずほ銀行側でも速やかな対応が可能となり、銀行口座からの再引き落としや指定口座への入金手続きが速やかに行われるため、遅延損害金の発生も少なく済みます。

さらに、電話の有無によりみずほ銀行側での信用情報の取り扱いが変化するため、どうにもならない時にはそのままにせず、事前に連絡をすることが重要です。ただし、何度も使える方法ではないため、可能な限り返済用口座には余裕を持った金額を確保することが大切です。

みずほ銀行カードローンの返済が遅れてしまったときは

みずほ銀行カードローンの返済において、銀行口座の預金残高が不足し、引き落とし不能となり、返済が遅れる可能性があります。

本来は、個人信用情報の取引履歴に支払遅延といった情報が記録されてしまうものの、金銭的なダメージを最小限に抑えるため、直ぐにみずほ銀行のローン専用ダイヤルへ電話を行い対応が必要です。

そもそも、カードローンの支払遅延時に適用される金利は19.9%となり、コンフォートプランの最高金利14.0%より高い利息を支払うこととなります。基本的に、遅延損害金は翌月の返済残高に上乗せされるため、速やかに返済を行う必要性があります。

ただし、間違っても提携ATMからの返済を行ってはならず、この場合は毎月の返済が履行されたとカウントされないということを認識する必要があります。

みずほ銀行カードローンの任意返済が無料でできるATMと有料のATM

みずほ銀行カードローンの任意返済が無料でできるATMといえば、やはりみずほ銀行ATMが基本的なものとなります。その他には、コンビニや提携銀行のATMなどが思い浮かびますが、基本的には108円または216円の手数料が発生してしまいます。

しかし、『みずほマイレージクラブ』に加入することで、『イーネットマークのあるコンビニATM』、『ローソンATM』そして『セブン銀行ATM』からの任意返済であれば、毎月4回までは手数料が無料となります。

これら以外にも、ゆうちょ銀行や地方銀行のATMからの返済が可能ですが、最大216円の手数料が発生することとなり、無駄な支払いが生じてしまいます。