みずほ銀行カードローンの在籍確認は必須なの?

みずほ銀行カードローンを契約する際、勤務先への在籍確認は必須事項となります。そもそも、無担保・保証人無しでのカードローンの審査ということは、契約者自身の急所収入や金融取引における信用が重要となります。

特に給与収入は、毎月の返済に大きく影響し、みずほ銀行および保証会社にとって、給与収入があることを在籍確認により担保することが重要です。

さらに、給与収入があるということは、返済滞納が発生した場合、勤務先への給与差押行為が可能ということとなり、債権の回収確立も向上することとなります。

その他、自己破産手続きが行われたとしても、将来受け取る退職金を査定することが可能となり、債権者集会により少なからずとも一部の債権回収が可能となり得ます。

みずほ銀行カードローンの在籍確認はどんな内容?

みずほ銀行カードローンの在籍確認について、多くの審査申込者はどんな内容で電話確認が行われ、どの様な内容が聞かれるか気になる筈です。

基本的に、在籍確認は保証会社であるオリエントコーポレーションが行い、担当者個人名で『〇〇様(フルネーム)はいらっしゃいますか?』と勤務先へ電話を行います。

この際、契約申込内容に問題が無く、本人が不在であれば『〇〇は席を外しています』または『本日は外出しており、帰社致しません』と回答を受けると確認は終了です。

一方で、本人が対応した場合、氏名・生年月日・住所といった在り来たりな個人情報が確認された後、カードローン契約の事実確認を行って終了となります。実は、電話で利用される音声はある程度のパターンが利用されており、契約者本人の声質に近い音声を利用しています。

そのため、本人確認を行う際は本人しか知り得ない情報を確認して、裏取りを行う他、第三者へ在籍を保証してもらうといった方法が重要となります。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は本人不在でも大丈夫?

みずほ銀行カードローンの在籍確認ですが、契約者本人が営業業務で外出中、会議で電話応対が出来ない、そして有給休暇を取得しているなど、基本的に不在状況でも問題がありません。

ただし、近年では企業でも不審電話への対策や社員の個人情報保護の観点から電話相手に要件を聞き出すことがあるため、勤務先の情報セキュリティ教育が徹底されている場合は、本人不在は障害が生じます。

そのため、契約情報に不足があった場合や在籍状況が確認出来ないといった場合、1ヶ月以内に何度も連絡があること、本人が電話応対する必要性があります。実際、勤務先へ個人名で電話が掛かってくるケースの少ない方は、本人対応が少なからず必要となります。

結果的に、本人不在でも大丈夫とは100%言い切ることができないため、営業での外出が多い方は勤務先からの直接連絡先を伝えてもらうことが重要となります。

みずほ銀行カードローンで在籍確認の電話をするのはみずほ銀行?保証会社?

みずほ銀行カードローンで在籍確認の電話をするのはみずほ銀行ではなく、保証会社であるオリエントコーポレーションです。

カードローンの審査については、みずほ銀行とオリエントコーポレーションの双方で行っているものの、最終的には契約者の債権を保証可否に掛かっており、みずほ銀行も在籍確認を委託しているのが実情です。

そもそも、保証会社自体がみずほ銀行から実態の分からない契約者を保証しろと言われても無理なことであり、万が一の際に強制執行により債権の回収が可能かを在籍確認で担保します。

そして、在籍確認についてはオリエントコーポレーションも顧客情報に配慮しており、会社名ではなく担当者の個人名で電話を行います。

この際、みずほ銀行名で電話することは違法であること、会社名を挙げて確認することはプライバシーポリシーに反することとなり、コンプライアンスが重視されています。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は職場バレの心配はない?

みずほ銀行カードローンの在籍確認ですが、基本的に職場へローン契約のための電話確認としてバレる心配はありません。

そもそも、みずほ銀行はプライバシーポリシーおよび個人情報の取り扱いに対し、明確な規定を掲げて営業を行っており、第3者へローン契約の事実を知られることに注意を払っています。

そのため、必要最小限の情報となる契約者の氏名により、在籍確認を行い、電話を受けた勤務先社員へ無駄な情報を伝えないこととなっています。

ただし、近年では勤務先となる企業自体も個人情報の取り扱いに注意しており、不審な電話に対して社員情報を開示しないことが教育されています。

さらに、職場内での個人情報の取り扱いについても注意が行われており、例えローン審査だとしても公言しないのがコンプライアンスとされています。

そもそも、カードローン、マイカーローン、住宅ローンの審査かどうかは電話口では分からないため、基本的には職場バレする心配はありません。