みずほ銀行カードローン 審査の難易度は?

みずほ銀行カードローンの審査については、地方銀行のカードローンやフリーローンに比べて基準が高くなっています。

カードローンの審査において、安定した収入が継続的に見込めることが条件となり、勤続年数が非常に重要視され、みずほ銀行は2~3年以上の勤続年数でなければ高額な融資は厳しく、金利も高くなります。

一方、給与振込口座として都市銀行や地方銀行を利用されている場合、勤続年数は1年以上あれば審査通過率が高く、この点を考えるとみずほ銀行カードローンは比較的に難易度は高めです。

金利が低いということは、保証委託料が低いことが関係しており、信用度に応じて金利は高くなります。

また、給与振込口座を開設していることは安定した収入が継続的にあるということが確認でするため、みずほ銀行の場合、他銀行の借り入れ状況についても確認を行っています。

メガバンクの場合、給与振込口座を開設することで恩恵を受けられる人は意外に少なく、ローン契約は安全を考慮した審査が行われています。

みずほ銀行カードローンは審査結果によってのプランが変わる

みずほ銀行カードローンは、『エグゼクティブプラン』と『コンフォートプラン』が用意されており、審査結果によりプランが決定されます。『エグゼクティブプラン』の魅力は、低金利すなわち最高7.0%での借り入れが可能であり、コンフォートプランの金利の1/2となります。

ただし、融資金額の最小金額が200万円からとなっているため、年収やそれに見合う返済能力が重要となります。特に、年収が600万円以上かつみずほ銀行に預金入れをしている方は、信用度が非常に高くなるため、エグゼクティブプランを契約出来る可能性が高くなります。

しかしながら、日本人の平均年収が420万円前後と言われ、非常に比率が高くなりつつある派遣社員では年収300万円以下が多くなっています。そのため、エグゼクティブプランは審査段階において、多くに日本人が該当し得ないプランともいうことができます。

みずほ銀行カードローンは審査の状況を確認することはできるの?

みずほ銀行カードローンの審査結果ですが、原則的として当日または翌営業日の審査回答となり、メールや電話連絡が受けられなかった場合、平日なら9時から20時までの間にローン専用ダイヤルで確認することが出来ます。

ただし、あくまで曜日や時間的な制約があり、金曜日に審査申込を行った場合、土日での審査結果の確認は行うことが出来ません。これと同様に平日と祝日を挟む場合も同様であり、最短で当日から翌日、最長で翌週の月曜日に審査回答を確認出来る状態となります。

結果的に、審査状況を確認出来たとしても即日融資を受けられることにはならないため、1週間ほどの余裕を考慮する必要があり、余裕を持った審査申込が重要です。

みずほ銀行カードローンの審査の口コミ

みずほ銀行カードローンは口座を持っていると審査が早く借り入れしやすいと評判だったので申込してみました。カードローン会員だったのでATMからすぐに借り入れもでき、返済もATMでできる手ごろさがとても良いです。

金利も他と比べても14%ととても良心的なのでカードがある方で借り入れするなら是非みずほ銀行をお勧めします。審査も安定した収入があれば借り入れできるのでパートやアルバイトの人でも借り入れしやすく大手銀行なので安心感もあります。

多めに借り入れをする方は収入証明が必要らしいので最初に準備をしてから申込するとスムーズです。

みずほ銀行カードローンの審査は土日は行われていない

みずほ銀行カードローンの審査は、平日9時から20時までとなっており、土日および祝日、そして年末年始での対応は行っておりません。その結果、金曜日の午後以降に審査申込を行ったとしても、翌営業日となる月曜日が最短での審査回答日となります。

さらに、みずほ銀行カードローンを契約する場合、返済に利用する銀行口座の開設が必要となり、カードローンの審査回答以前に口座開設の手続きに時間を要することとなります。

銀行口座を開設している場合、最短で翌日のカードローン利用開始になり、口座を新規開設した場合は2週間ほどの時間をようすることとなります。

みずほ銀行カードローンについては、インターネットから24時間申し込みが可能であるため、いつでも審査を受けられると認識してしまいがちですが、実際はみずほ銀行の営業日に準じます。