申し込みブラックになってしまうのは、申し込みをした情報が信用情報機関で保存されている信用履歴に記録されてしまうからです。この信用履歴の記録、実は申し込みをした、という形で記録されているわけではありません。

○○というキャッシング会社がその人の信用情報を照会した、という情報がそこに載っています。しかし、キャッシング会社は理由もなく信用情報を参照することはできません。当然、その人がキャッシングに申し込んだから信用情報を調べているわけです。

この照会情報を見るだけで、他社は申し込みの回数や日時を全部推察できてしまうのです。キャッシング会社はすべて信用情報機関を利用しているため、特定のキャッシングなら申し込みブラックにならない、といった抜け道もないのです。

申し込みブラックにならないようにする方法

申し込みブラックは短い期間でキャッシングやカードローンを申し込むと発生し、新たにお金を借りる時に審査に通らない原因になります。お金を借りる時は条件を確かめて申し込むことが重要で、他社から借入がある場合は滞納をせずに正しく使うことが求められます。

審査をする時は信用情報機関に照会をして申込者の信用状況を確認し、他社からの借入履歴だけではなく申込履歴が残るため短期間で申し込まないように注意が必要です。

短期間で申し込む理由は他社に申し込めば審査に通る可能性があることを信じることが多く、申込履歴が記録されている事実を知らないことが特徴です。

申し込みブラックにならないようにする方法は滞納をせずに正しく使うことを心がけ、審査に落ちた場合は原因を確かめて一定の期間が経過して申し込む必要があります。

審査で不利になる申し込みブラック

カードローンやキャッシングを利用する際には必ず与信審査を通過するということが必要になってくるのですが、一度に複数のカードローン会社の申し込みをしてしまうとこうした審査において不利になってしまうことがあります。

特に複数のカードローン会社に対して短期間に申し込みを繰り返していると申し込みブラックとなってしまって、情報機関においてもその情報が保管されることになってしまいますので回避しなければならないものであります。

カードローンは基本的に用途や目的に合わせて最適なサービスを選択することでまず審査に落ちるということはありませんので、事前にお金の用途やどのように返済していくのかをしっかりと計画して賢く活用することが求められるのです。

なぜ私が申し込みブラックになったのか?

申し込みブラックとは、多数のキャッシングやカードローン、クレジットカードの申し込みをしている人が審査に通らない、通りにくくなっている状態です。

今まで特に何かの支払いが滞ったこともなく、初めてお金を借りようと思った人が、あちこちでとりあえず、申し込みしただけなのに何故か審査に通らない申し込みブラックとなったら、自分がそんな状態になって驚く事があるかもしれません。

でも、それは普通に考えると、あなただけにお金を貸してくれと言っている人と、手当たり次第にお金を借りようとしている人、貸さないとならないならどちらに貸しますか?という話です。

やっぱり手当たり次第にお願いしている人は信用し難いですよね。

キャッシングやカードローンの申し込みをした情報は、信用情報機関に渡されるので申し込みした人が他でどのくらい申し込みしたかも分かるのです。

だから、一気にあちこちで金策に走っているという様に見える多重申し込みは、しない方が良いです。

ほぼ確実に申し込みブラックになります。