カードローンサービスの返済機能には、耳慣れない名称が目立ちます。その内容についてしっかりと理解しておかなければ、その後の障害となるかもしれません。良い機会ですので確認しておきましょう。

元利定額リボルビング払い

たとえば、カードローンサービスの返済機能の一つに、元利定額リボルビング払いが存在します。元利定額リボルビング払いの内容では、毎月の返済金額が一定になるところに特徴があります。これには返済計画のシミュレーションを行いやすくするメリットがあります。

しかし、返済金額の元本と利息に振り分けられる割合が不明瞭なところがデメリットです。借金を完済するには元本の返済が不可欠です。返済方法の確認では、毎月の支払い金額のうち元本に分配される金額の推移を確かめることが重要です。

元利定額リボルビング払いの場合には、利息に分配される割合が他の方法と比較して大きくなるため、完済までの日数を増やす原因となります。これでは利払いがかさんでしまいます。

カードローンサービスの元利定額リボルビング払いにはこの様なメリットとデメリットが存在します。ご自分が良いと感じた点が多ければこちらの方法を採用し、少ないと感じたのであれば他の方法をお探しになりましょう。