カードローンで、借りたい金額=借りられる金額ではない?

カードローンの審査で借り入れしたい希望金額というのがあると思います。借りたい金額=借りられる金額とは必ずしもなりません。審査の段階でも丁寧な応対わする所は「審査の結果ご希望に添えない場合もごさいます。」と言ってくれます。

信用情報や今までの他社での借り入れ額、返済の遅延等、様々な角度から審査をしてくれます。もちろん総量規制を越える様であればもちろん借り入れする事も難しいでしょうし安易に借り入れしたい額=借りられる金額と思わない方がいいです。

まず借り入れしたいと思う前に自分が今いくら借りているか?返済等契約通りしっかり出来ているかを確認してから落ち着いて連絡するのもいいと思います。

カードローンの限度額は年収が大きな鍵になる

カードローンは総量規制の対象外であり、お金を年収の3分の1以上借りれるとはいえ、借入限度額はやはり年収が多い方が限度額は大きいです。年収が多ければ、それだけお金に余裕が出やすいというわけですから銀行側としてもお金を返済する能力が高いと判断します。

そして、返済能力があるということはそれだけ大きな金額を貸してもも返済できるわけですから、借金の借入限度額も大きくなるというわけです。

年収は本業だけではなく、副業などといったものも考慮されることもありますので、収入は多く確保することこそ限度額が大きくなる要素です。

カードローンの限度額は、いつ、どのように決まるのか?

カードローンの限度額というのは基本的にカードローンの申請をした後の審査によって決まります。現在の収入や家族構成はもちろんのこと、どのような職業をしているのかや他に借金があったりしないかによって判断します。

現在の状況を見ることによって、どれくらいの収入や支出があるのかということを判断し、どれくらい返済能力があるかどうかをかなり客観的に判断できます。

将来的にどれくらいまで年収が上がったりするかどうかまではわかりませんから、現時点で判断できるもので限度額を決めますので審査時にどんな状況かが判断の基準となります。

カードローンで、現在の限度額以上のお金を借りる方法

カードローンで今利用している状況よりも借金の限度額を上げる方法としては、銀行側の信用を上げることが一番です。信用を上げる方法としては、もちろん収入を上げる方法もありますがそれは簡単にはできません。

では、どんな方法がいいかというと月々の返済をしっかりとやるのが一番いい方法です。貸し手側としては、やはり借りたものが返ってきてくれた方が安心できますし、これからもしっかりと返済してくれる人のほうにやはりお金を貸したいものです。

ですので、お金の返済をしっかりと途切れないように行い銀行側に信用を作るのが借金の限度額を上げるのに一番の近道です。