みずほ銀行カードローンの金利水準は他者と比べてどうなの?

みずほ銀行カードローンは通常のカードローンの形態の場合ですと3.5~14.0%となっております。

この金利水準は、消費者金融に比べれば、十分に安い金利ではありますが、下限の金利も上限の金利とも基本的にその他のメガバンクと比べても金利面には差がなく、金利だけで見れば上限金利が10パーセントを下回るものも数あるので特に大きく低金利というわけではありません。

ですが、エグゼクティブプランというものを利用すれば、金利は3.0~7.0%というほかにはなかなかないレベルの低金利です。

みずほ銀行カードローン金利は利用者ごとに違うの?

みずほ銀行のカードローンの金利はカードローンの種類によって違いがでます。基本的に、お金を借りれいる額が多い時には金利というものは徐々に安くなるように設定がされていますので借入額の多い方の金利は安い状況になっています。

また、みずほ銀行カードローンはプランによっても金利差があり、コンフォートプランの場合には3.5%から14.0%であるのに対してエグゼプティブプランになりますと、金利は3.0%から7.0%とプランによっても金利に大きな差が出るようになっています。

みずほ銀行カードローンの金利は下げられる?

みずほ銀行カードローンの金利を下げる場合二つの方法が考えられます。一つは審査を受けて上級コースに合格することです。現在の通常のコースを利用している方であれば一度解約して再度審査を受けた場合上記コースになり金利が下がる可能性があります。

ただし審査の結果落ちてしまう可能性もあるので確実とは言えません。確実に金利を下げようと思うとみずほ銀行の住宅ローンを利用することになります。みずほ銀行カードローンでは住宅ローンを利用すると通常金利から0.5パーセントの金利割引を受けることができます。

みずほ銀行カードローンで金利を下げる条件は?

みずほ銀行カードローンの金利を下げる方法で限度額を上げる以外の方法としては上級プランの契約をすると住宅ローンの契約するの2つがあります。みずほ銀行では通常の コンフォートプランの他に こちらは最高でも7%台と非常に低い金利となっています。

ただしエグゼクティブプランかコンフォートプランかを申し込みを行なう側が選ぶことはできません。みずほ銀行側が審査の結果によって振り分けを行います。それとは別で住宅ローンの利用でみずほ銀行カードローンの金利を規定から年0.5%引き下げます。

カードローンは低金利が絶対にお得

カードローンは低金利のほうが絶対にお得です。金利が低ければ返済がしやすいというのはもちろんのこと、カードローンというのは低い金利のものだと上限で10%を切るようなケースのものが多いのです。

消費者金融の金利が大手でも上限が17~18%であることと比べても格段に金利は低いことは間違いありませんし、銀行系のカードローンは金利が銀行やカードローンの種類によってかなり違ってきますので、安易に他のところでありるよりも低い金利のところで利用が可能だと判断できるような状況ならば、カードローンは絶対に金利が低い方がお得です。