アルバイトだからこそお金が必要!みずほ銀行カードローンはアルバイトでも借入可能?

アルバイターに貸し渋る金融機関は多いのですが、アルバイターでもキャッシングを利用できる機関の一つがみずほ銀行カードローンです。

審査が通るかもそこまで厳しくはなく、過去に長期延滞などの金融事故がないかや、毎月の安定した収入があるかなど、金融機関としては一般的な基準です。利用限度額は審査の結果によって決められますが、流石にアルバイトでは限度額は低くなります。

ただ、みずほ銀行カードローンは10万円以下の貸付を行っていないので、審査が通れば最低でも10万円は借り入れられるのは確実です。

キャッシングに職業にはどれくらい影響があるの

キャッシングをする際にどういった職に就いているかも入力・記入することになりますが、返済能力があるかどうかの判断基準になる職業はとても重要です。

たとえば公務員は安定した収入が続き、返済能力もしっかりしていると判断されて審査が通りやすくなります。

しかし自営業は収入が安定しないため返済能力を疑われ、フリーターや離職率の高い職業はいつ返済能力がなくなるかがわからないため、審査を通すのは難しくなります。収入が安定しているかの信用度は、借入限度額の高低にも多大な影響があります。

利用者の職業は、キャッシングにおいてもっとも重要だと言っても過言ではないでしょう。

個人事業主はみずほ銀行カードローンの審査で不利になる?

みずほ銀行カードローンの審査を受ける場合、個人事業主の方は給与所得者に比べ、審査基準の面で条件が不利となります。

銀行カードローンの場合、事業資金として利用することが出来ないため、個人事業主の場合は営業年数が3年以上経過していることが重要です。

これは、3年間の経営が安定していることで、あくまで個人的なローン契約として判断することが出来ます。

実際、みずほ銀行のカードローン自体は、個人事業主は利用できないとは記載しておらず、収入証明書の項目に個人事業主、会社経営者の方は『民税決定通知書または課税証明』、『納税証明書』の提出が必要となっています。

つまり、融資は可能であるものの、事業自体の安定性や将来的な継続性という面での審査が厳しく行われます。

みずほ銀行カードローンは無職だと借りられない?

基本的にみずほ銀行カードローンは、無職での借り入れは出来ません。そもそも、無職の場合、利用条件に記載されている『安定かつ継続した収入の見込める方 』から外れてしまいます。

ただし、専業主婦も無職であるものの、配偶者に安定かつ継続した収入があるという場合において、融資限度額30万円までなら契約をすることが出来ます。

実際、無職の場合は安定した収入が無いため、返済能力が無いと判断されてしまいます。

更に、無担保・保証人無しのカードローンは銀行と保証会社の二重審査となるため、確実に融資を受けられません。

そのため、少なからずアルバイトやパートでの勤務を行い、1年以上の勤続年数があることが重要であり、勤務先への在籍確認も必要となります。

結果的に無職であれば、これらの審査基準から外れてしまうため、みずほ銀行以外にも消費者金融でも借り入れは出来ません。

みずほ銀行カードローン以外にもアルバイトで借りれるカードローンとは

みずほ銀行カードローン以外にもアルバイトで借りれるカードローンはたくさんあります。

銀行カードローン、消費者金融カードローン、信販会社のカードローンと消費性ローンは多種多様にあり、銀行カードローンの場合はアルバイトやパートでは借り入れ出来るものの、審査が厳しいことや融資限度額が少ないといったデメリットがあります。

そこで、消費者金融や信販会社のカードローンを契約した方が、審査通過率も高くなります。

ただし、これらのローンは金利が高く設定されているため、継続的な利用ではなく、一時的な利用に留める必要があり、返済遅延や滞納を発生させないことが重要です。