みずほ銀行カードローンで仮審査は通っても本審査で否決されるのはどんな時?

みずほ銀行カードローンで仮審査は通っても本審査で否決されるのはどんな時のか、審査申込を検討される方には気になる内容だと考えます。

先ず、申込情報と本審査時に記入する個人情報に相違がある場合は、虚偽申請と見做される可能性があり、他社借り入れ件数や借入金額が個人信用情報機関に照会したところ大きく差があった場合です。

この場合、信用できる状態にないこととなり、仮審査の結果とは異なることとなります。さらに、勤務先として記載した連絡先に在籍確認を行った際、本人の在籍が確認出来ない場合や電話が繋がらないといった場合も本審査で否決されることとなります。

それ以外にクレジットカードを複数所有しており、保証会社の審査で利用状況が思わしくない場合は、保証を受けられないと判断され融資が否決されることとなります。

みずほ銀行カードローンの本審査の内容とは?

みずほ銀行カードローンの本審査の内容は公式には公開されていません。一般的には現在の経済状況を数値化して信用を図るスコアリング審査と過去の金融履歴が書かれている信用情報を参照して信用度を測る方法の2つが併用されます。

また申し込みの際の申請通りの会社に在籍しているかどうかを確認する在籍確認が行われます。在籍確認については公式に公開されているのですが 勤務先に対して電話を行い本人が在籍しているかどうかを確認します。

これは在席確認を行うだけなので、その他の点は確認されません。

みずほ銀行カードローンの審査で重要視される項目

みずほ銀行カードローンを始めとする銀行カードローンは、総量規制の対象になっていません。そのかわり、審査基準は厳しめです。審査で一番重要視されるのは、年収が高いという事です。その次に重要視されるのは、他社からの借入額が少ないという事です。

この2つが主に重要視される項目になり、この2つの項目によって申し込み者の返済能力が計算され、利用限度額が決まります。したがって年収が低かったり他社からの借入額が多い人は、利用限度額が低く設定される事が多いです。

もちろん2つとも逆の場合だと低金利で高額の借り入れが可能になります。

みずほ銀行カードローンの審査で落とされるのはどんな人か?

みずほ銀行カードローンの審査で落とされるのはどんな人なのか、契約を検討される方非常に気になる筈です。先ず、審査で落ちる多くの原因は、収入が安定しておらず、他社借り入れが多い多重債務者といったことが挙げられます。

基本的に4社以上からの借り入れがある場合、債務超過の危険性が高く、融資する側のリスクは非常に高くなります。そして、次に審査落ちする方は個人信用情報に問題がある方であり、他社での返済遅延や滞納、代位弁済といった履歴が残っている場合です。

更に自己破産や個人再生といった履歴が残っている場合は、情報が抹消されない限り、審査落ちを繰り返します。

最近では、携帯電話の利用料金の支払遅延により、スマートフォンをローン購入している方が知らないうちに個人情報に事故履歴が残り、ローン審査落ちするケースが多くなっています。

みずほ銀行カードローンの審査に、他の銀行や消費者金融からの借金が影響する?

みずほ銀行カードローンの審査に、他の銀行や消費者金融からの借金が影響は少なからずあり、利用目的がローンの一本化としなければ審査落ちする確率は高くなります。

そもそも、みずほ銀行カードローンは貸金業法が適用されないため、総量規制対象外となり、高額な融資を受けられる金融商品です。

もし、他社借り入れが多く、借金総額も高い場合は融資するリスクが高まり、融資したことにより多重債務をより大きな問題とし、債務超過の危険が発生してしまいます。

基本的にみずほ銀行のカードローンを契約する際は、他社借り入れ件数が3件以下かつより金利の低いカードローンで返済するということを示す必要があります。

その他にも他銀行や消費者金融への返済において、返済遅延や滞納といった問題を発生させていた場合は非常に厳しい審査が行われます。

みずほ銀行カードローンの本審査で落とされないために大切なこと

みずほ銀行カードローンの仮審査において、審査通過のメールや電話を受けた後、契約申込後に本審査が実施されます。

ただし、この本審査により仮審査の結果がひっくり返り否決されるケースがあり、本審査で落ちないためには先ず、契約申込内容が仮審査の内容と相違ないことが重要です。

特に最初に申請した情報はあくまで審査用の情報であり、本審査は契約書を取り交わすこととなり、不備があってはいけません。そのため、申込内容の誤りや身分証明証の不備(特に免許証の場合は住所違い)といった点に気を付ける必要があります。

基本的に契約書に記載する事項に誤りが多い場合は、契約が出来ないため本人確認や勤務先の確認といった点で融資が否決されてしまうので要注意です。