みずほ銀行カードローンの審査に落ちたときに考えられる理由

みずほ銀行カードローンの審査に落ちたとき、先ずどんな理由で審査がダメだったのか理由を知ることが非常に重要ですが、みずほ銀行はその理由を回答しません。そこで、理由を知るためには個人信用情報機関に情報開示請求を行うことが、全体を把握する理由となります。

みずほ銀行のカードローンを申し込むと、全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、日本信用情報機構に照会をされるため、これらの信用情報に問題が無ければ自身の申請内容の不備と原因を推定出来ます。

特に、スコアリングにより得点を用いた判定がされるため、自分自身のスコアが審査合格ラインかどうかを確認してみるのが重要です。ここまででなんら問題が無く、他社借り入れもないといった方でも審査落ちするケースは、基本的に収入面での不安が影響しています。

そもそも、融資するからには返済をしてもらうことが重要であり、いくら安定した収入があるからといっても、勤務先の経営状態が良くなければ融資するリスクが高まります。

実際、個人信用情報機関には個人情報や他社借り入れ履歴、勤務先の情報まで管理されているため、審査落ちの理由を自分自身で確認するのが重要です。

意外に問題となるのが、割賦購入したスマートフォンや携帯電話の支払延滞だったりすることが多くなっており、気を付ける必要があり、発生日から5年間は情報が残ります。

みずほ銀行カードローンの審査ではどこの信用情報機関に問い合わせるの?

みずほ銀行カードローンの審査を受けることで、先ずは全国銀行個人信用情報センターへ情報の登録および照会が行われます。

基本的に銀行が提供するローンサービスについては、この個人信用情報センターに登録されている情報が一番重要ですが、無担保・保証人無しのカードローンの場合、保証会社の審査が必要となります。

実際、みずほ銀行カードローンは『保証会社である株式会社オリエントコーポレーションが審査のうえ保証します』と明記されており、利用される個人信用情報機関は株式会社シー・アイ・シーおよび株式会社日本信用情報機構 (JICC)となります。

つまり、日本国内に存在する個人信用情報機関すべての登録情報を照会できる他、取引履歴までもが登録され、代位弁済といった保証対応が行われた際は与信情報に大きなダメージを受けてしまいます。

定職があっても審査落ちることもある?

みずほ銀行カードローンは定職があっても審査落ちすることがあり、収入面での不安要素や他社借り入れが影響して返済能力が低いと判断されるケースがあります。

また、収入が安定していて、返済能力も申し分ないのに審査落ちする方は勤務先への在籍確認が出来なかった可能性が否定できません。

さらに、勤務先の財務状況もローン契約に大きく影響しており、定職でいくら安定した収入があったとしても、赤字続きの企業の社員では年収が減額されたり、会社自体の倒産により無収入になるといった危険性があります。

その他、契約申込書に記載誤りが多い場合においても、信用が下がる要素となるため非常に注意が必要です。

カードローンの審査落ちした原因は教えてもらえる?

カードローンの審査落ち原因ですが、教えてもらうことは出来ません。

そもそも、カードローンの商品説明に『審査の内容については、お答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください』または『審査の結果によっては、ローンご利用のご希望にそいかねる場合がございますのでご了承ください』という記載があります。

基本的にこれらの記載がある場合、殆ど審査落ちの原因を教えられないといったことを際しており、審査結果通知時に『お客様の申込内容から審査した結果融資を見送らせて頂きます』と回答があった場合、ある程度の原因を推定することは出来ます。

実際のところ、融資可否の審査については収入や他社借り入れ状況、勤務先の在籍確認、申込内容の不備といったものが多く、最初に個人信用情報機関へ開示請求を行うことで大方の原因を探ることは出来ます。

審査先では直接的な原因は回答しないものの、自分自身で確認する作業が後々に役立ちます。

みずほ銀行カードローンの審査は勤務年数が短いと落ちやすい?

みずほ銀行カードローンの審査ですが、勤続年数は最低でも1年以上が必要であり、それ以外の勤続期間であれば審査が非常に落ちやすくなります。基本的に安定した収入があることが融資条件となっているカードローンですが、『安定=1年以上』というのが一般的です。

例え、高収入でも勤続年数が短ければ長期間安定した返済が難しいと判断されてしまいます。また、カードローンの審査では勤務先への在籍確認を行っておりますが、これは最悪時に給与差押を行うといった強制執行を行うためでもあります。

さらに、自己破産の手続きが行われた際は勤続年数が長い契約者程、退職時に受け取る退職金が高く、融資金額の一部を回収できる可能性が残ります。

つまり、勤続年数が高ければ返済能力も高く、将来的に一括返済も可能であり、勤務先の経営も安定していると判断でき、審査結果に影響が現れます。

みずほ銀行カードローンの審査に落ちたらブラックリストにのる可能性もある?

基本的にみずほ銀行カードローンの審査に落ちたらブラックリストに可能性は非常に低く、落ちる原因として既にブラックリストにのっていることを考える必要があります。

先ず、ブラックリストすなわち個人信用情報機関の登録情報ですが、直近6ヶ月以内にカードローン審査を行った場合、情報照会の履歴が残り一定期間は審査が通り難くなります。

しかし、この点は最終照会日から6ヶ月後には消える情報であり、カードローンの申し込みを行わなければブラックリスト入りはしません。

一方、取引履歴において返済遅延および滞納、債務整理といった情報が残っている場合、審査落ちの上、みずほ銀行のデータベースの申込情報が記録されてしまいます。

つまり、信用度の低い申込者として独自ブラックリストにのることとなってしまい、みずほ銀行側が不要となった顧客情報を抹消しない限り、審査が厳しくなります。

ただし、みずほ銀行自体に迷惑を掛けていなければ、ブラックリストにのるといったことは、あまり関係なくなります。

保証会社のオリエントコーポレーションで審査される

みずほ銀行のカードローンの審査機関はオリエントコーポレーションの審査を受ける事になります。逆に言うならばオリコカードを持っていて上限度額の借り入れがなかったら、審査には影響がないと言う事です。

しかし今の金融会社は基本的に情報共有をしていますので、他社でブラックな方は通りませんし、個人の資産や収入状況による個人借り入れの情限度額まで、借り入れをしている場合には審査は通らなくなっています。逆に個人の借り入れ限度額に達していない場合にはその金額までを借入する事が出来ます。