みずほ銀行カードローンで電話がかかってくることはあるの?

みずほ銀行カードローンを契約する、または契約している際に電話が掛かってくることは必ずあり、第1回目は勤務先への在籍確認となります。

では、2回目の電話連絡となるのは優良契約者とみずほ銀行側に認められた場合、融資限度額の増額案内として行われます。

カードローンを契約される方には、ダイレクトメールによる増額融資の案内は家族に知られたくない方には非常に好まれない方法となります。その結果、増額案内については契約者へ直接電話での案内が行われることとなります。

そして、増額融資の案内を受け取り審査の申込を行った際、再度勤務先への在籍確認が行われることとなり、実質的には3回目の電話となります。

みずほ銀行カードローンで審査結果は電話連絡?

みずほ銀行カードローンで審査結果は、電話連絡だけではなく、メールや郵送による方法があり、申込方法によって異なります。先ず、Web完結申込およびモバイルすなわちスマートフォンや携帯電話からの申込であれば、メールでの審査結果が通知されます。

一方、郵送や電話、そして窓口での申込の場合、電話での審査結果が基本的に行われ、郵送の場合においては郵送により審査結果が通知されることもあります。

基本的にメールや電話での審査結果通知となり、もしメールが届かなかった、電話に出られなかったという場合はホームページから結果を確認することが出来ます。

現在では、インターネットからの申込が容易であるため、審査申込から結果通知まで確認することが可能となっています。

みずほ銀行カードローンで増額の審査結果は電話連絡?

みずほ銀行カードローンで増額の審査結果を通知する方法ですが、電話以外の方法もあります。そもそも、みずほ銀行のカードローン増額においては『再申し込み』という方法となり、Web完結やモバイル、郵送、電話そして窓口といった方法で各々異なります。

先ず、インターネットからの申し込みとなるWeb完結やモバイルでは、メールで審査結果が通知されます。

そして、郵送、電話そして窓口での増額申し込みについては基本的には電話での審査結果通知となり、一部例外として郵送の場合は郵送で審査結果を受け取ることもあり得ます。

基本的に初回契約時に利用した連絡方法と同じことが、公式ホームページに明記されているため、短時間かつ効率よく結果を受け取りたい方はWeb完結やモバイルがおすすめです。

みずほ銀行カードローンで在籍確認は電話連絡?

みずほ銀行カードローンで在籍確認はですが、社員証や給与明細、源泉徴収証といったもので免除できるものではなく、勤務先へ直接電話での連絡が行われます。

そもそも、みずほ銀行カードローンに限らず、銀行カードローンは勤務先へ在籍確認が行われ、契約者が実際に勤務しているのか、安定した給与を得ているのかと確認します。

そして、在籍確認は返済が滞った場合、裁判所の許可を得て、強制執行を行うためにも必要なものであり、給与差押のために必要な確認です。

在籍確認については、いつ電話連絡が行われるかは分からず、カードローンの在籍確認と判断することも第三者には難しいものとなります。

みずほ銀行カードローンで、案内や確認がある場合も電話が来る?

みずほ銀行カードローンを契約している方は、返済の督促以外に増額案内や増額審査時の在籍確認といった電話が行われます。

先ず、増額案内については郵送物による方法はカードローンの契約といった面において、多くに契約者が回避したい行為であり、ダイレクトメールの送付を断っていることが多くなります。

そのため、契約者への増額案内を行う方法としては、契約者へ直接電話での連絡を行うことが個人情報の取り扱いに面においては非常にメリットが高くなります。そして、増額案内により審査申込を行った際は、必ず勤務先へ在籍確認が再度行われることとなります。

基本的に、みずほ銀行からはローン関係の案内や審査時に在籍確認が電話で必ず行われます。

みずほ銀行カードローンで、延滞してしまうと電話が来る?

みずほ銀行カードローンで、毎月の返済を延滞したからといって、直ぐに督促の電話が来ることはありません。ただし、毎月の返済日に口座残高が不足し、引落不能となった際は、最初にカードローンでの借り入れが出来なくなります。

この時点で返済が延滞していると認識し、みずほ銀行のローン専用ダイヤルへ連絡の上、口座へ引落に必要な現金を振り込めば督促の電話はありません。

ただし、返済が延滞から滞納と見做された場合は、1週間から10日中には契約時に申請した電話番号へ督促の電話が行われます。そして、電話連絡が取れない場合は督促状が郵送されることとなり、家族にカードローンの利用を知られることとなります。

さらに最悪な事態となるのは、督促の連絡があったにも関わらず、放置した場合は勤務先への電話連絡だけでなく、裁判所の許可を得た上で強制執行に対する問い合わせが勤務先へ行われることとなるため、電話での督促があった時点でタイムリミット寸前と認識する必要があります。